※掲載期限切れのため動画は削除しました

4チームで争われるティアラカップが岐阜の長良川球場で行われた。決勝戦は埼玉アストライアVS京都フローラ。

2回表、アストライア打線が爆発。
1アウト満塁で8番・萱野がセンターオーバーの3点タイムリー。続く9番・加藤のスクイズからキャッチャーが捕球エラーで0-4。さらには、3番・楢岡のタイムリーと4番・川端の犠牲フライで一挙7点のリードを奪う。

投げては、アストライア先発投手・磯崎が5回まで4安打無失点の好投を見せる。

しかし、6回フローラ打線に捕まる。
1番・中野を皮切りに四球、盗塁を含む5安打を浴び4失点。ここでマウンドを降り萱野にチェンジ。1点追加されるもゲームは最終回へ。

最終回の7回、アストライア・谷山がマウンドへ上がり、走者を出すも4人で締めゲームセット。

ティアラカップ決勝戦は、京都フローラを7-5で下し埼玉アストライアが優勝した。