現地9月9日、米カリフォルニア州パサディナのローズボウルスタジアムで行われたNCAAレギュラーシーズン第2戦、UCLA対ハワイ大の一戦で、UCLAの庄島辰尭が第4Q残り5分37秒にセンターとして出場。9月3日、初戦のテキサスA&M戦にはパントチームでの出場を果たしていた庄島だが、スクリメージプレーでの出場は昨年に続き2度目となる。

「UCLAを応援してくださっているファンに皆様、自分を支えてくれている家族、そしてチャンスを与えてくれたコーチ、スタッフの方々にまずは感謝しています。センターとして今季初出場を果たすことができましたが、自分のパフォーマンスには満足していません」と、庄島は時間が十分に残っていた状況にもかかわらず得点を挙げられなかったとこを悔いながらも、「これからも改善すべき点を常に頭に置き、常に準備が出来ている選手になれるように練習に励みます」と、次のチャンスに向けて意気込みを新たにしている。