「阪神4-1ヤクルト」(10日、甲子園球場) 阪神が前日までの2試合連続サヨナラ勝ちの勢いそのままに、今季2度目の4連勝を飾った。 「6番・右翼」でプロ初スタメンの野口がプロ初の2打点と活躍。1点を追う四回2死二塁はヤクルト先発・奥川の直…

 「阪神4-1ヤクルト」(10日、甲子園球場)

 阪神が前日までの2試合連続サヨナラ勝ちの勢いそのままに、今季2度目の4連勝を飾った。

 「6番・右翼」でプロ初スタメンの野口がプロ初の2打点と活躍。1点を追う四回2死二塁はヤクルト先発・奥川の直球を中前にはじき返してプロ初適時打となる同点打を放った。

 五回には奥川の暴投で勝ち越し。2-1の六回1死一、三塁は再び野口が石山に対し、2ボールから直球をたたきつける打撃で遊ゴロの間に3点目をたたき出した。

 その直後の2死二塁からは、坂本が今季初長打となる適時二塁打で3点リードに広げた。

 先発の大竹は6回5安打1失点で6勝目。初回に村上に先制適時打を許したが、その後は走者を背負っても粘投。六回1死一塁で村上を二ゴロ併殺に仕留めると、雄たけびを上げた。

 リリーフ陣は七回を石井、八回をゲラがそれぞれ三者凡退。九回は岩崎が締めた。