「ジャイアンツ4-3ブルージェイズ」(9日、サンフランシスコ) ブルージェイズの菊池雄星投手が先発し、7回1/3を6安打2失点だった。メジャー自己新の1試合13奪三振をマークした。今季5勝目の権利を手にして降板したが、チームは3-2の九回…

 「ジャイアンツ4-3ブルージェイズ」(9日、サンフランシスコ)

 ブルージェイズの菊池雄星投手が先発し、7回1/3を6安打2失点だった。メジャー自己新の1試合13奪三振をマークした。今季5勝目の権利を手にして降板したが、チームは3-2の九回に2点を奪われて逆転サヨナラ負け。菊池に勝ち負けはつかなかった。

 菊池は変化球を低めに集めて初回に2三振、二回は3者連続空振り三振。四回に中越えソロを被弾して1点を失ったが、三振の山を築いた。

 六回までわずか1安打に抑えられていた味方打線が、七回にクレメントの左中間3ランで逆転。菊池は八回先頭にこの日2本目のソロを被弾したが、続く打者から13個目の三振を奪ったところで降板した。

 13奪三振は、ブルージェイズの左腕では2021年のロビー・レイの14奪三振に次いで2位タイ。