「全日本大学野球選手権・準決勝、青学大10-2天理大」(15日、神宮球場) 青学大が八回コールド勝ちで2年連続の決勝進出を決めた。 今秋ドラフト候補の佐々木泰内野手(4年・県岐阜商)が初回2死一、二塁で今大会2号となる左翼への先制3ランを…

 「全日本大学野球選手権・準決勝、青学大10-2天理大」(15日、神宮球場)

 青学大が八回コールド勝ちで2年連続の決勝進出を決めた。

 今秋ドラフト候補の佐々木泰内野手(4年・県岐阜商)が初回2死一、二塁で今大会2号となる左翼への先制3ランを放った。低めの変化球を華麗にすくい、豪快な放物線を描いた。

 三回2死二塁でも左前適時打、四回2死満塁でも中前2点適時打を放つなど、5打数4安打6打点の大暴れで勝利に導いた。

 連覇まであと1勝。達成すれば2011年の東洋大以来、13年ぶりの快挙となる。