終わってみれば完勝と言って良い試合だった。勝因はいくつもあげることができるが、ハリルホジッチの大胆な選手起用はインパクトがあった。怪我や調整不足が理由とはいえ、本田圭佑、岡崎慎司、香川真司という日本代表を長く支えてきた経験豊富なアタッカーを3枚とも外した。それだけではない。この予選で主力となりつつあった原口元気、久保裕也もベンチスタートとなり、ハリルホジッチ体制では3試合目、ロシアワールドカップの予選は初出場となる乾貴士、ここのところ出番が減っていた浅野拓磨がスタメンを飾った。中盤でも代表戦3試合目の井手口陽介が起用されたことで強敵オーストラリア戦のスタメンはかなり新鮮な印象を与えた。

そして、この抜擢されたメンバーが結果を出した。上記以外の選手たち、ワントップに入った大迫勇也、いつものボランチよりも前のポジションで起用された山口蛍も含め、ポゼッションにこだわるオーストラリア代表を絶え間ないプレスで追い詰め、ボールを奪い、カウンターをしかけるサッカーが機能、浅野と井手口のゴールとして実を結んだ。リオ五輪代表の二人が結果を出したことでメディアには『世代交代』といった単語が目立ったが、ハリルホジッチは単に若手を使ってギャンブルに出たわけではない。実際、中盤より前はキャップ数の少ないメンバーが目立ったが、CBに入った昌子源を除き、ディフェンス陣は川島永嗣、吉田麻也、酒井宏樹、長友佑都、長谷部誠といったベテランを揃えている。ザッケローニ時代は勿論、岡田武史監督時代にも守備網を形成してきたメンツだけに、コンビネーションも経験値も申し分ない。若手中心の攻撃陣が前線からハードにプレッシャーをかけることでベテランの多いディフェンス陣が余裕を持ってプレイ出来るようになり、結果的に前線のサポートをしっかりと行うことが可能になる、という好循環が生まれた。

浅野が記録した先制点はまさにその典型例だ。スピード、持久力、ボール奪取力に優れたメンバーを起用したことで推進力を得た分、本田や香川といったセンスやテクニックを持つ選手が少ないことで、攻め上がることは出来ても手詰まりになるようなケースもあった。そこに変化を加えたのが長友佑都だ。インテル・ミラノの左サイドバックは絶妙な緩急によって浅野の先制点をお膳立てしている。

このプレイをKDDIによる自由視点映像生成技術で制作した映像で見ると分かりやすい。スタジアムに10箇所、別々のアングルに設置したカメラで一つのシーンを撮影、それを合成することで3DCGの様に視点が変わる映像となっているため、長友と浅野は勿論、他の選手達の動きも含めて立体的に捉えることが可能になる。井手口からのパスを受けた長友は一旦縦に抜けようとするものの、高身長の選手が揃うオーストラリア相手に単純なクロスでは分が悪いからか、断念する。同時にゴール前の状況を確認しながら、下がり気味にドリブルを開始、中に切り込んでいくわけではないが、スピードを上げる長友に虚を突かれたオーストラリアDF陣はマークには付いているものの、長友の動きに合わせてアクションを起こす浅野に全くついていけない。浅野の動きに合わせ、長友はGKとCBの間のスペースに絶妙なクロスを入れた。長友と浅野のコンビネーションは実に見事で、オフサイドラインを掻い潜り、DFが何もできない状況を生み出した。

2点目となった井手口のシュートもこの映像で見ると面白い。原口が持ち前の強さを活かしてキープしたボールを井手口が単独で持ち込み見事なシュートを決めた。オーストラリア守備陣の数は揃っているものの、プレスに行っているのは1人だけ。井手口のパワフルなドリブルに対応できないままゴールを許した。ここにはオーストラリアの油断があったように思える。日本は原口と井手口の二人でカウンターを完成させた。これはかなりレアなケースと言って良いだろう。オーストラリア代表は『日本ならサポートを待って組み立ててくるだろう』と決め込んでいたのではないか。井手口に1人つけておけば、サイドバックの上がりを待っている間に守備陣形は整えられる、そんな緩みが見受けられる。もちろん、井手口のボディバランス、シュート技術が素晴らしかったことも大きいが、オーストラリアの想像を超えたアクションをイメージし、実践できたことが決定的だったのではないか。3D視点で見ると、井手口に振り回されているオーストラリアDF陣が確認できる。ロシアワールドカップ出場を決めた若い力がどう機能したのか、最新技術で見るとまた新たな視点で検証することができる。さらなる技術の進化がサッカー見る楽しみをより広げてくれる、そんなことを実感できる映像だ。

今回の自由視点映像を制作した「au BLUE CHALLENGE」の詳細はこちら

au BLUE CHALLENGE