<高校野球 練習試合:金沢8-4東播磨>◇8日◇第1試合◇東播磨グラウンド今秋ドラフト候補の金沢・斎藤大翔内野手(3年)が、東播磨との練習試合で3打数1安打2打点1四球の活躍を見せた。1点を追いかける5回1死三塁から同点となる中犠飛を放った…

<高校野球 練習試合:金沢8-4東播磨>◇8日◇第1試合◇東播磨グラウンド

今秋ドラフト候補の金沢・斎藤大翔内野手(3年)が、東播磨との練習試合で3打数1安打2打点1四球の活躍を見せた。

1点を追いかける5回1死三塁から同点となる中犠飛を放った。7回には遊ゴロの間に追加点の走者を生還させ、塁に残ると重盗でホームイン。9回の5打席目には中前打。遊撃の守備でも軽快な動きを見せ、走攻守で躍動した。

斎藤は「最近すごいバッティングの形がいい」と状態の良さを明かしながらも夏に向け「(相手が)自分の苦手なところを突いてきたときにどう対応していくか」と話した。

武部佳太監督(43)は「(斎藤の)スピードは相手にとって脅威になる。力強さが増していった」と評価した。