「東京六大学野球・春季フレッシュトーナメント、明大0-0立大」(3日、神宮球場) 立大1年生の田中優飛投手が、昨夏ともに仙台育英の甲子園準Vを導いた阪神ドラフト3位・山田脩也内野手(18)の素顔を“暴露”した。 試合後の会見上に、甲子園の…

 「東京六大学野球・春季フレッシュトーナメント、明大0-0立大」(3日、神宮球場)

 立大1年生の田中優飛投手が、昨夏ともに仙台育英の甲子園準Vを導いた阪神ドラフト3位・山田脩也内野手(18)の素顔を“暴露”した。

 試合後の会見上に、甲子園の出場記念として作られたタオルを持って現れた左腕。部員それぞれ特製のものがあり「みんなで作って交換したりしています。これは山田にもらって、試合の時は毎回使っています」と明かした。

 山田は甘いマスクで入団直後から人気急上昇中だが、「あいつ、何なんですかアレ(笑)くまのプーさんとか、あんな感じじゃなかったですよ。おいしいところが分かってるんじゃないですか」と笑った田中優。山田が独身寮「虎風荘」の入寮時に抱き枕として「プーさん」のぬいぐるみを持ち込んだことを引き合いに“いじった”。

 一方で、プロの世界で鍛錬を積む仲間に「ファームでいきなり開幕から出続けているので、すごい」と刺激も受けている様子だった。

 この日は、九回に登板して1回無失点と好投。すでにリーグ戦デビューも果たしており「チームの中心選手に近づけるように。スピードもまだまだ出したいですし、変化球も精度だったり、カウントをとれる球種を増やしたり、総合的にレベルを上げていきたい」と成長を誓った。