「DeNA6-9広島」(25日、横浜スタジアム) DeNAは2試合連続で延長戦の末に敗れた。試合後、三浦監督は「守り切れなかったのはある」と振り返り、「選手たちは本当に最後まで頑張ってくれた」とナインをかばった。 6-5の八回は4番手の山…

 「DeNA6-9広島」(25日、横浜スタジアム)

 DeNAは2試合連続で延長戦の末に敗れた。試合後、三浦監督は「守り切れなかったのはある」と振り返り、「選手たちは本当に最後まで頑張ってくれた」とナインをかばった。

 6-5の八回は4番手の山崎が、広島の代打・石原に左越えに同点ソロを被弾。同点の延長十二回はこの回から7番手で登板した三嶋が広島・小園、坂倉に二塁打を浴びて勝ち越された。

 指揮官が「オースティンも体を張ってプレーをしてくれている」と話したように、六回にはオースティンが一塁側のカメラマン席に体ごと突っ込んで一邪飛を捕球。この日、横浜スタジアムの開場以来、最多の3万3376人を記録した観衆の前で、気迫あふれるプレーを披露した。

 それでも遠い勝利。三浦監督は「連日、たくさんのファンに来ていただいて、こういう形で申し訳ない」と謝罪した。