<ロッテ2-0ソフトバンク>◇25日◇ZOZOマリン首位ソフトバンクが3週間ぶりに連敗し、6カードぶりの負け越しが決まった。ロッテ左腕メルセデスの前に8回無得点。球威ある真っすぐとスライダーやカーブ、チェンジアップなど多彩な変化球に翻弄(ほ…

<ロッテ2-0ソフトバンク>◇25日◇ZOZOマリン

首位ソフトバンクが3週間ぶりに連敗し、6カードぶりの負け越しが決まった。

ロッテ左腕メルセデスの前に8回無得点。球威ある真っすぐとスライダーやカーブ、チェンジアップなど多彩な変化球に翻弄(ほんろう)された。今季最少タイの4安打で、ワースト4併殺、3度目の完封負け。小久保裕紀監督(52)は「この打線をあそこまで抑えるんやから。相手が良かったということですね」と前夜7回1得点に抑えられた佐々木に続いて脱帽した。

チームは29勝12敗(2分け)で貯金17。パ・リーグ首位を快走中だが、“意外な弱点”が出始めている。相手先発が右投手の試合は20勝4敗2分けと圧倒しているが、左投手の試合は9勝8敗と苦戦しているのだ。3番柳田は対右の打率が3割4分7厘に対し、対左は2割4分6厘。4番山川も対右が3割6厘に対し、対左は1割4分3厘までしぼむ。柳田は「たまたまじゃないですか」と話し、山川も苦手意識は「ない」と言った。チームは好調で、過剰に意識する時期でもない。だが首位打者の5番近藤ですら、対右が3割7分6厘に対し、左は2割5分9厘まで下がる。村松打撃コーチも「(主力に)左打者が多いというのは、当然ある」と気がかりな傾向を認めざるを得なかった。

柳田は4回無死一塁で、右中間フェンス手前まで運ぶ大飛球を放った。中堅高部に好捕され「風もあるのでしょうがないです」と話したが、当たりは悪くない。山川も「(メルセデスは)球が動いてますね。いいところにきていましたし、のらりくらりといかれたという感じです」と悔しそうに振り返った。12球団最強クラスのクリーンアップもいずれ、左腕に牙をむくはず。2位日本ハムが4・5ゲーム差とじりじりと近づいてきた。右腕の岩下が先発してくる26日の交流戦前最後の一戦は、しっかり勝ち切りたい。【只松憲】