<高校野球春季関東大会:白鴎大足利3-1帝京>◇準決勝◇25日◇上毛新聞敷島白鴎大足利(栃木1位)が初の決勝進出を決めた。2回、1死一、三塁から印南穂向内野手(3)の中犠飛で先制。3回には1死二塁から松浦舜外野手(3年)の中越え二塁適時打で…

<高校野球春季関東大会:白鴎大足利3-1帝京>◇準決勝◇25日◇上毛新聞敷島

白鴎大足利(栃木1位)が初の決勝進出を決めた。

2回、1死一、三塁から印南穂向内野手(3)の中犠飛で先制。3回には1死二塁から松浦舜外野手(3年)の中越え二塁適時打で2点目を加えた。

投げては先発の山口幸大投手(3年)が、初回から強打の帝京打線を強気に責めた。「緩いカーブでカウントが取れたのがよかったです」と、7回を5安打無失点。自己最速144キロも記録し、8回からは最速152キロ右腕・昆野太晴投手(3年)につなぎ逃げ切った。

山口は強くなった姿を大舞台でアピールした。昨秋、県大会決勝戦で作新学院と対戦。2点リードの6回、先発の昆野に代わりマウンドに上がったが、逆転を許し敗戦。「昆野から勝っている回でバトンを渡されたんですが、自分が逆転されて負けた。悔しくて。この冬は、そういう思いをもって練習していました」。練習中、何度も秋の敗戦を思い出し、涙がこぼれた。

敗戦の責任を背負い、自分の弱さと向き合った。冬は毎夕食、米1キロを食べた。「めちゃキツかったです。おかずに卵かけご飯にして、食べました」。ひと冬を越え、体重は10キロ増の70キロに。「先発で長い回を投げられるようになり、球威も上がりました」と自信をつけた。

注目の昆野にも負けない。「2枚看板といわれたい。協力して、夏の甲子園を目指したい」。成長した姿を、全国の舞台で披露した山口。その目に、もう涙はない。