<ベラトール:パリ大会>◇17日◇パリ・アコーアリーナMMAイベント「ベラトール」のパリ大会に、RIZINで3連勝中の総合格闘家・矢地祐介(34)が初参戦した。ライト級プレリミナリーバウト5分3Rでマンスール・ベルナウイ(31=フランス)と…

<ベラトール:パリ大会>◇17日◇パリ・アコーアリーナ

MMAイベント「ベラトール」のパリ大会に、RIZINで3連勝中の総合格闘家・矢地祐介(34)が初参戦した。

ライト級プレリミナリーバウト5分3Rでマンスール・ベルナウイ(31=フランス)と戦い、ダースチョーク(相手の横から腕と首を巻き込み絞めるチョーク)で1R1本負けを喫した。

矢地は開始早々、ベルナウイの肘攻撃によって倒され、グラウンドでの戦いに持ち込まれた。一度はスタンドに戻ったが、再び組んでからケージ際で倒され、グラウンドでも上から肘を落とされた。

相手の抑え込む力の強さに手を焼き、最後はリーチが自分より20センチも長いベルナウイにダースチョークを決められてタップした。

敗れた矢地はぼうぜんとした表情でベルナウイの勝ち名乗りを聞いた。

試合にはRIZIN榊原信行CEOもかけつけており、試合後には控室で悔しそうな矢地と握手。矢地は自身のインスタグラムに「応援ありがとうございました 結果出せずすみません」と記した。