<国立からパリへ 中>「セイコーゴールデングランプリ(GGP)陸上2024東京」(日刊スポーツ新聞社共催)が19日、東京・国立競技場で開催される。今夏のパリ五輪に向けてしのぎを削るアスリートたちを3回連載で紹介する。   ◇   ◇   ◇…

<国立からパリへ 中>

「セイコーゴールデングランプリ(GGP)陸上2024東京」(日刊スポーツ新聞社共催)が19日、東京・国立競技場で開催される。今夏のパリ五輪に向けてしのぎを削るアスリートたちを3回連載で紹介する。

   ◇   ◇   ◇

陸上女子100メートル障害の寺田明日香(34=ジャパンクリエイト)が試行錯誤を重ね、2度目の五輪へ挑む。今シーズンは木南記念(12日)での屋外初戦をへて、19日に国立競技場で行われる「セイコーゴールデングランプリ(GGP)陸上2024東京」(日刊スポーツ新聞社共催)に出場。パリ五輪の参加標準記録(12秒77)突破と、五輪本番での決勝進出に向けて「少しずつステップしていきたい」と進化を追求する。

今季は自己記録(12秒86)を大きく上回る12秒5台を目指し、体づくりに専念してきた。セイコーGGPまでのレース数も昨季から1試合減らすなど、6月の日本選手権(27~30日、新潟)へ、じっくりと土台を固める。1月に34歳となったが、根幹には「足を速くすることは可能」というさらなるレベルアップへのビジョンがある。「身長や骨の成長曲線は下がっている」と苦笑いも、「体と技術がかみ合えば、足は速くなる。スプリント力の向上を実感している」と手応えをつかみつつある。

パリの出場枠は最大3。日本選手権で3位以内に入れば、代表入りの可能性が高まる。「できないことをできるようにしていく過程を、純粋に楽しんでいる」。準決勝に進出した東京五輪超えへ-。成長する喜びを胸に、進歩を続けていく。【藤塚大輔】

◆セイコーゴールデングランプリ(GGP)陸上2024東京

【日時】5月19日(日)午後0時30分競技開始予定

【会場】東京・国立競技場

【種目】▽男子=100メートル、200メートル、400メートル、5000メートル、110メートル障害、400メートル障害、走り高跳び、走り幅跳び、やり投げ▽女子=100メートル、1500メートル、5000メートル、100メートル障害、3段跳び、やり投げ

【テレビ放送】午後2時30分からTBS系で生放送

【大会HP】http://goldengrandprix-japan.com/