ヤクルト奥川恭伸投手(22)が沖縄・浦添キャンプ第3クール最終日の13日、キャンプ初の打撃投手を務めた。打者15人に27球を投じ、安打性は3本だった。最速は147キロ。「ここまで順調にやれてるかなと思います。予定通りバッターに投げることがで…

ヤクルト奥川恭伸投手(22)が沖縄・浦添キャンプ第3クール最終日の13日、キャンプ初の打撃投手を務めた。打者15人に27球を投じ、安打性は3本だった。最速は147キロ。「ここまで順調にやれてるかなと思います。予定通りバッターに投げることができたのはすごく良かったかなと思います」と振り返った。

課題も見つかった。「バッターを見ながら投げたりとか、ボールの高さとかもそうですし。まだまだたくさん試合に向けてやんないとなと思います」と反省の言葉を口にしたが、高津監督からは「ブルペンとの違いを感じながら、投げなさいっていう風には、伝えたんですけども、しっかり制球もできてましたし、あのー、すごく、内容のある、いいBPだったと思いますね」と評価された。

客席から大きな拍手が起きたが、奥川は「あんまり聞こえてなかったです」と投球に全集中していた。故障などで21年以来、勝ち星から遠ざかる。18日に行われる中日との練習試合(浦添)で先発することが決定。2イニングを投げる。復活に向けて順調に歩み出している。