今春センバツに出場する高崎健康福祉大高崎(群馬)が10日、千葉・館山市内で合宿を始め、紅白戦を行った。エース左腕の佐藤龍月投手(1年)は2回を4奪三振、この日は最速143キロをマークした石垣元気投手(1年)は2回を3奪三振でともに無失点。青…

今春センバツに出場する高崎健康福祉大高崎(群馬)が10日、千葉・館山市内で合宿を始め、紅白戦を行った。

エース左腕の佐藤龍月投手(1年)は2回を4奪三振、この日は最速143キロをマークした石垣元気投手(1年)は2回を3奪三振でともに無失点。青柳博文監督(51)は「戦力は整ってきたし、この時期にしては投手もいい球が来ています」と手応え。新たに採用される低反発バットを使った試合で、8番打者の白石楓真外野手(2年)が2ランを放つなど、高校通算28発の今秋ドラフト候補箱山遥人捕手(2年)が中心の打線も活発だ。