2017年7月1日に日本大学文理学部百周年記念館「国際会議場」およびフェニックスフィールドにて第5回フェニックス・フットボール・アカデミーが開催される。

第5回を迎える今回はNFLを代表する若手QBキャム・ニュートンが所属するカロライナ・パンサーズのアシスタントQBコーチ、キャメロン・ターナー氏の来日が決定。クリニックではパンサーズでも取り入れているスプレッドオフェンスのRPO(ランパス・オプション)に焦点を当てる。座学とフィールド、二つのパートに分かれており、座学ではNFLにおけるRPOのスキームと実践を、フィールドではRPOに必要なQBリードのファンダメンタルについて見学をすることができる

ターナー氏は叔父のノーブ・ターナー、父のロン・ターナーをはじめとして一族のほとんどがフットボールコーチの出身である「ターナー一家」の一員。自身もWRコーチとして2015年にパンサーズでスーパーボウル出場を果たしている。

プログラムの詳細、参加申し込み、お問い合わせはこちらまで

イベント概要は以下の通り

【日時】2017年7月1日(日)

【時間】11:00〜12:30(座学)/13:00〜14:30(フィールド)

【場所】日本大学文理学部百周年記念館「国際会議場」およびフェニックスフィールド

(京王線下高井戸あるいは桜上水下車、徒歩8分)

【参加費】社会人6000円/学生3000円

■参加お申し込み方法

http://nu-phoenix.com/topics/6601/

より、事前参加のご登録をお願いいたします。

*クリニック内容は6月中旬時点のものです。最新の情報はフェニックス・フットボール・アカデミーのHPに随時アップします。

*座学、フィールドセッションともにビデオ撮影はご遠慮ください。