IFSCワールドカップ・ボルダリングシリーズ第5戦が6月9日〜10日、アメリカ・ヴェイルで開催された。

男子は上位9名を日本人選手が占め、レベルの高さを示したがまたも優勝には届かず。楢崎明智(楢崎智亜の弟)が自身初の決勝進出で2位に入った。

今シーズン2度目の優勝を果たしたチョン・ジョンウォン(韓国)は、現在総合1位の渡部に6ポイント差と肉薄している。

女子は野口と野中が安定した登りを見せ2位と3位に入るも、昨年度覇者で現在総合1位のショウナ・コクシー(イギリス)が強さを見せつけ優勝。残り2戦、野口と野中が総合3位の表彰台をかけて戦うことになる。

次戦は6月24〜25日、インド・ナビムンバイで開催される。

試合結果

【男子】1位:チョン・ジョンウォン(韓)、2位: 楢﨑明智、3位: 緒方良行

【女子】1位: ショウナ・コクシー(英)、2位: 野口啓代、3位: 野中生萌

その他、ハイライト動画はこちら(https://sportsbull.jp/climbingtv/

楢﨑明智(ならさき・めいち)

1999年5月13日生まれ。18歳。栃木県出身。今年度ボルダリング日本代表に初選出。初のシーズンでメキメキと力をつけ、今大会で

初の決勝進出を果たし、初の表彰台に輝いた。昨年度ボルダリング王者の楢﨑智亜は明智の兄。

緒方良行(おがた・よしゆき)

1998年2月4日生まれ、19歳。福岡県出身。2016年のヴェイル大会に続き、2年連続2度目の決勝進出で、初の表彰台をつかんだ。

2015年世界ユース選手権ボルダリングで優勝。

野口啓代(のぐち・あきよ)

1989年5月30日生まれ、28歳。 茨城県出身。2015年、2014年のクライミングワールドカップボルダリングで総合優勝、通算4度の

総合優勝に輝く。今シーズンは、第2戦重慶大会で3位、第4戦八王子大会2位。

野中生萌(のなか みほう)

1997年5月21日生まれ、20歳。東京都出身 。2016年のワールドカップボルダリング総合2位。今シーズンは全5戦のうち4戦で3

位。総合成績でも3位につけている。