ヤクルト・村上宗隆内野手(22)が25日、都内で行われたLark新CM発表会に出席した。

 ビジネスツール運営会社のアンバサダーに就任し、CM撮影では演技に初挑戦。出来について、初めは「50点ぐらい」と謙遜したが、実際にCMを視聴すると「最高ですね。100点でも良いかも」と笑顔で前言撤回した。

 既にWBC・侍ジャパンへの選出が決定している。日本代表・栗山英樹監督からは直接「日本を背負って戦ってくれ」と伝えられ、世界一に向けてよりいっそう頑張ろうと気持ちが奮い立ったという。

 会見の中では今季の目標について「日本一奪還、リーグ3連覇、個人成績はキャリアハイ」と再三言及。両方の悲願達成に向けて、若き三冠王が始動する。