6月19日(月)東京ドームで開催されるアメリカンフットボール東日本社会人選手権第39回パールボウル。昨年の同大会の覇者、IBMビッグブルーと、最多となる通算8度の社会人選手権JXB優勝を誇るオービックシーガルズの一戦は、見所満載の好ゲームが期待できる。

ハワイ大出身のQBイカイカ・ウーズィーをはじめ、新戦力の補強により、課題だった攻撃力に向上の兆しを見せているオービックシーガルズは、名古屋大出身の新人RB成瀬圭汰に注目。「とにかく倒れない」と、古庄直樹ヘッドコーチも一目置くガッツあふれる走りで、ラン攻撃には欠かせない存在になっている。ベテラン藤田真史(東海大)を中心とするOL陣のタイミングも合ってきた。

IBMビッグブルーは新任の津田慶祐・守備コーディネーターによる守備に注目。アサイメント主導型から選手に自由度をもたせたアグレッシブなスタイルに変貌を遂げた。昨年の同大会で、MVP級の活躍を演じたDEジェームス・ブルックス(アリゾナ州立大)、2年目にしてフロントの核となっているLBコグラン・ケビン(早稲田大)、ビッグプレーメーカーのNB保宗大介(関学大)らがキーパーソンだ。

ハーフタイムショーには3月15日に5年ぶりとなるオリジナルソロアルバム『EXISTENCE』をリリースしたデーモン閣下が『降臨』。悪魔的歌唱でハーフタイムショーを盛り上げる。

キックオフは19時。前売りチケット(当日16時まで)は、ローソンチケット(Lコード:32363)、チケットぴあ(Pコード 836−009)、e+(イープラス)、CNプレイガイドにて。当日券は16時より東京ドーム22番ゲートにて販売。1階スタンド(自由席)前売・1,800円/当日2,200円