「ラグビー・リーグワン、BL東京63-25トヨタ」(22日、秩父宮ラグビー場)

 3試合が行われ、BL東京はトヨタから8トライを奪って63-25で快勝し、3勝2敗とした。トヨタは初戦白星から4連敗。東京SGは花園に51-10で勝利し、4勝目を挙げた。花園は開幕5連敗。今季勝利がない静岡は相模原と27-27で引き分け、1分4敗。相模原は3勝1分1敗となった。

 BL東京にとって2試合ぶりの白星となった。前半からCTBタマニバルの2トライなどでリードし、後半も4連続トライと主導権は渡さず圧倒。昨季はトップ4争いをした相手だっただけにナンバー8リーチは「ちょっと予想外」と大勝を振り返った。この試合のレフェリーはW杯も担当したオーストラリア協会のニック・ベリー氏が務めた。リーチは「本当にレフェリーがいたのかというくらいだった」と進行のスムーズさに驚いていた。