※掲載期限切れのため動画は削除しました

6月9日、雨天振替分となる兵庫ディオーネVS埼玉アストライアのヴィクトリアシリーズの第9戦が、昨日に引き続き一宮市営球場で行われた。

今回の試合、ディオーネ先発ピッチャー、里がリーグ最少投球数を叩き出す。

里は5回まで、アストライアの打撃陣を2安打で抑える好投を見せる。

里の好投にディオーネ打線も応える。
3回、2番・三原がセンター前ヒットで2アウト一、二塁として、3番・中田が四球で2アウト満塁のチャンスを作る。この場面で4番・太田がセンター前に2点タイムリーヒットを放ち2-0と先制。

さらに5回、ノーアウト一塁で、3番・中田が右中間タイムリーツーベースヒットで1点を追加。さらにノーアウト一、三塁とした場面で5番・三浦がセンター前タイムリーで、この回で4-0とする。

里は6回、アストライアから連打を許す。
3番・楢岡と4番・川端に2連続タイムリーを浴び、2点を失う。しかしここで持ちこたえ、4-2とリードを守る。

その裏、ディオーネが1点を追加し5-2と点差を広げた。

そのまま里が完投し、ヴィクトリアシリーズ第9戦は5-2で兵庫ディオーネが埼玉アストライアに2連破した。

 

前日、ディオーネ・みなみの推定115m2号ソロはこちら!