オリックス福永奨捕手(23)が25日、大阪・舞洲で契約更改交渉に臨み、50万円ダウンの年俸950万円でサインした。

横浜、国学院大を経てドラフト3位入団したが、捕手陣の豊富な1軍では5試合出場にとどまった。先発マスクの3試合はいずれも敗れてしまい、「悔しい。結果がすべての世界。捕手は勝って評価されるポジション。それぞれタイプがあるので、自分を出すことが1軍に残る道だと思う」と飛躍を誓った。

秋季キャンプでは中嶋聡監督(53)からもじっくり指導を受けた。オリックス捕手陣はこのオフ、伏見寅威(32)が日本ハムにFA移籍したが、西武から森友哉(27)がFAで加入。日本ハムからトレードで石川亮(27)も加入し、競争は激しくなる。

(金額は推定)