「明治神宮大会・大学の部・決勝、明大1-0国学院大」(24日、神宮球場)

 国学院大が、明大に敗れて悲願の初優勝を逃した。

 打線は、明大の先発・村田賢一投手(3年・春日部共栄)の攻略に苦戦。三回、無死一、三塁のチャンスを作ったが、9番・武内夏暉投手(3年・八幡南)の放った三直に飛び出した三塁走者が戻れずタッチアウト。その後も打線が振るわず、計5安打で得点を奪うことができなかった。

 鳥山泰孝監督は「小さな流れがいったり、来たりしている試合だった。1点差ゲームになるのは当然予想していた。こちらは、(三回に)ライナーゲッツーがあって、明治の粘り強さにやられたかなという思いです」と振り返った。

 この日、巨人からドラフト3位指名された田中千晴投手(4年・浪速)は、登板せず。大学野球最後の試合を終えて「投げたいと思っていましたけど、信頼しているいいピッチャーがたくさんいる」と悔しさをにじませた。また、プロへ向けては「失敗から学ぶことも多いと思う。次につながるいい経験をした」とこの経験を糧に次のステージでの活躍を誓った。