今季のパ・リーグベストナインが24日に発表され、オリックスからは山本由伸投手(24)、宗佑磨内野手(26)、吉田正尚外野手(29)の3選手が選出された。

2年連続で投手部門で選出された山本は「選んでいただき、とても光栄に思います。さらにレベルアップして、また来年も選んでいただける活躍ができるように頑張ります」と球団を通じてコメント。

三塁手部門で2年連続2回目の受賞となった宗は「大変光栄ですし、うれしく思います。周りの方々がサポートしてくれて、支えてもらったおかげで今の自分がありますので、本当に感謝しています。来年は、より一層チームに貢献できるように頑張りたいと思います」とコメントを残した。

指名打者部門で初選出された吉田正は、これまでに外野手部門で4度受賞経験があり「大変光栄な賞に選んでいただき、ありがとうございます。打撃でいいパフォーマンスが見せられてよかったと思います」と選出に感謝した。