10月1日に死去した元プロレスラー、元参院議員のアントニオ猪木(本名・猪木寛至、享年79)の四十九日法要が24日、横浜市の総持寺で営まれた。

 猪木さんのマネジメント会社IGFの高橋仁志社長と猪木さんが設立した新日本プロレスの菅林直樹会長は、来年3月7日に両国国技館でお別れの会を共催すると発表。3月7日は新日本の旗揚げ記念日の翌日で、高橋社長は「偶然なんですけど、そうなりました」と説明。両国国技館は猪木さんが多くの名勝負を繰り広げ、生前最後の公の場となった日本テレビ系「24時間テレビ45」の会場でもあったことで選んだという。

 高橋社長は「葬儀は家族葬ということで一部の方とのお別れになったので、今回は、今まで戦った方、ファンの方ともお別れできる場になれば」といい、「国葬とはならないですけど、世界中の方に集まっていただける国際葬という形で執り行えればと思っています」と、日本だけでなく海外にいる猪木さんと戦ったライバル、ファンにも参加を呼びかける。

 お別れの会では試合は行わないが、後日に追悼大会も計画。「プロレス界、格闘技界のみなさんとともに、アントニオ猪木さんに見ていただけるような試合を、みなさんの前でやれれば」と団体の垣根を超えて選手が参加する大会にする意向を示した。

 また、法要が営まれた総持寺は猪木家の菩提寺で猪木さんの出身地の横浜市鶴見区にあり、遺族の意向でお別れの会の後に総持寺に納骨されるという。