※掲載期限切れのため動画は削除しました

6月4日、埼玉アストライアVS兵庫ディオーネのヴィクトリアシリーズ第8戦が県営大宮球場で行われた。

初回、先制したのはアストライア。
内野安打と盗塁、送りバントで2アウト3塁とチャンスを作ると、4番・川端のセカンドゴロをディオーネ・三原が捕球エラーし、その間に3塁ランナーが生還し1-0。

4回表、アストライア先発投手・磯崎は1アウト満塁のピンチの場面でディオーネ・8番・みなみにライト前にタイムリーヒットを打たれ、同点に追いつかれる。しかし、後続はきっちり抑え1点のみでこの回を終える。

5回裏、磯崎の力投に打線が応えた。
1アウト満塁の場面で、5番・今井のレフト犠牲フライで1点勝ち越し。続く6番・岩谷がセンター前へタイムリーを放ち追加点。さらに代打・萱野が右中間を破る2点タイムリーヒットでこの回5-1とディオーネを突き放す。

アストライア・磯崎は6回までディオーネ打線を1失点に抑える好投を見せ、7回を谷山に託す。

最終回、アストライア・谷山は一、三塁にランナーを背負うも、最後はディオーネ5番・三浦をサードゴロに抑えゲームセット。

ヴィクトリアシリーズ第8戦は5-1で埼玉アストライアが強豪・兵庫ディオーネに勝利した。