「広島3-7阪神」(23日、マツダスタジアム)

 広島は先発のエース大瀬良が2回5安打4失点でKO。3位・巨人とのゲーム差が1・5に広がり、阪神にも同率4位に並ばれた。逆転CS進出が遠のく敗戦となった。

 頼みの右腕が立ち上がりに乱れた。初回。先頭・中野に左前打を許すと、近本に右中間へ先制適時二塁打を浴びた。さらに大山に中堅フェンス直撃の適時二塁打、原口にも左越え2ランを被弾した。初回の4失点は2015年3月31日のDeNA戦以来。2回降板は今季最短となった。

 打線も初回に西川の右前適時打、四回に松山の中越え2号2ランで反撃したが、阪神の早めの継投策の前に中盤以降は得点を奪えなかった。