※掲載期限切れのため動画は削除しました

京都フローラVS埼玉アストライアのヴィクトリアシリーズ第9戦が5月25日わかさスタジアムで行われた。

今回の試合は両チームの投手戦となった。

フローラの先発投手は、小西。
1回、2回は順調な立ち上がりを見せるも3回表。サードのエラーとフォアボールで2アウト満塁とこの試合初めてのピンチを迎える。
しかし、アストライア4番・楢岡をインコース高めのストレートで詰まらせ、ファーストフライに打ち取る。

5回、7回にも満塁のピンチを招くも後続をしっかりと抑え無失点とする。

アストライア・先発投手の谷山も7回まで好投を続け、フローラ打線をゼロに抑える。

決着がついたのは延長8回裏。
2アウト二塁の場面でフローラ5番・岩田がアストライア2番手投手・山崎からレフト前へタイムリーヒットを放ち、これがサヨナラ打となった。

京都フローラVS埼玉アストライアの第9戦は延長の末、1-0でフローラの勝利となった。