「ソフトバンク 2-10 オリックス」(8月14日、PayPayドーム)

オリックスは4回表、紅林と福田の適時二塁打が飛び出すなど、打者一巡の猛攻で一挙7点を先制する。続く5回には福田と中川圭の連続適時二塁打で3点を加え、試合の大勢を決めた。投げては、先発・ビドルが5回無失点で今季4勝目。敗れたソフトバンクは先発・和田が乱調で、打線も振るわなかった。

勝|ビドル (4勝4敗0S)
負|和田 毅 (3勝4敗0S)
S |-

▽本塁打
オ|-
ソ|今宮 健太 3号(8回裏ソロ)

▽バッテリー
オ|ビドル、村西 良太、比嘉 幹貴、近藤 大亮、宇田川 優希 - 伏見 寅威、松井 雅人
ソ|和田 毅、椎野 新、田中 正義、泉 圭輔、津森 宥紀 - 海野 隆司

試合詳細はこちら