「広島6-5阪神」(6日、マツダスタジアム)

 阪神は序盤からリードを奪うも、九回にあれよあれよと4失点。まさかのサヨナラ負けを喫した。

 5番手の岩崎がつかまった。連打で無死一、二塁とされると、味方の悪送球の間に1点を献上。1死二、三塁で、今度は遊ゴロがイレギュラーバウンドし、中野がファンブル。走者2人の生還を許し同点とされた。

 なおも1死二塁、3番・秋山に右前打を打たれ、痛いサヨナラ負けとなった。

 先発は今季開幕投手を務めた藤浪。4カ月ぶりに1軍の先発マウンドに帰還し、6回1/3を5安打2失点にまとめて降板するも、477日ぶりの先発白星はならなかった。

 打線も奮闘。二回1死一、二塁。梅野の中前適時打で先制に成功すると、三回にはロドリゲスの中犠飛などで2点を追加。四回2死二、三塁では、佐藤輝が右翼線への2点適時二塁打を放ち、試合の主導権を握り続けたが、最後に力尽きた。

 これで広島相手に今季3勝12敗。“鯉アレルギー”完治とはならず、痛恨の1敗を喫した。

 試合後、矢野監督は「まあまあもちろん、(イレギュラーは)ちょっと跳ねたかなっていう感じはあったし。この球場は難しいからね。(中野)タクムも、あいつの守備に助けられることもいっぱいあるし。まあ、もちろん、あれも捕ったらね。跳ねたとはいえ、タクムなら捕ってやらなアカンっていうのはもちろんあるけど。それを責めるよりは、あいつがまた(岩崎)スグルの時に取り返すとかさ。チームのために頑張るとか、そっちの方が大事だと思う」と選手をかばった。

 また先発の藤浪については「真っすぐは力があって、前半はスプリット系がうまくいっていたんで。6回途中までいけた。まあ、いい内容だったと思います」。次回登板については「まあまあ、ちょっと考える」とした。