「西武 4-3 ロッテ」(8月5日、ベルーナドーム)

西武が劇的なサヨナラ勝利。西武は2点を追う5回裏、外崎の適時打で1点差に詰め寄る。その後3-3で迎えた延長10回には、川越のソロが飛び出し、試合を決めた。投げては、4番手・増田が今季2勝目。敗れたロッテは、4番手・佐々木千が痛恨の一発を浴びた。

勝|増田 達至 (2勝1敗22S)
負|佐々木 千隼 (2勝3敗0S)
S |-

▽本塁打
ロ|佐藤 都志也 6号(1回表3ラン)
西|山川 穂高 31号(4回裏ソロ)
  川越 誠司 2号(10回裏ソロ)

▽バッテリー
ロ|石川 歩、ゲレーロ、唐川 侑己、佐々木 千隼 - 松川 虎生
西|今井 達也、スミス、平良 海馬、増田 達至 - 森 友哉

試合詳細はこちら