ボクシングの六島ジムは5日、WBOアジア・パシフィック・バンタム級王者の西田凌佑(25)=六島=が、10月9日に大阪・住吉区民センターで同級15位のアルジュム・ペレシオ(24)=フィリピン=と2度目の防衛戦を行うと発表した。前座では日章学園高で高校2冠を達成した井上彪(23)=六島=がプロデビュー戦に臨む。

 西田が世界を狙うバンタム級では、3団体統一王者の井上尚弥(大橋)が君臨。主要4団体完全制覇を狙っており、達成後にはスーパーバンタム級への転向が濃厚とみられる。

 尚弥が転級後の王座決定戦出場を見据える。ペレシオは11勝(6KO)1敗の好戦的なタイプ。「本当に一発もらうと倒されてしまう。強い相手の方がモチベーションが上がる」。快勝で現在11位のWBOランキング上昇を狙う。