「ヤクルト5-9巨人」(5日、神宮球場)

 巨人のグレゴリー・ポランコ外野手(30)が2発を含む5打数4安打3打点の大暴れを見せた。

 四回に右中間へ特大のアーチを架けると、七回にも右翼へ2ランを放った。「2つとも完璧な当たりだった」。

 これで神宮では打率・394、6本塁打となり、「なぜか分からないが、ここ(神宮)に来たらボールがよく見える」とハイテンションだった。