日本バスケットボール協会は4日、8月13、14日の強化試合、また8月下旬の23年W杯アジア予選に出場する男子代表16人を発表。7月のアジア・カップに参加した昨季NBAラプターズ所属の渡辺雄太の名前はなく、21年東京五輪代表の馬場雄大や、比江島慎(宇都宮)らが入った。

 男子は8月13、14日に仙台でイランとの強化試合に臨み、その後、W杯アジア予選で8月25日にアウェーでイラン、8月30日に沖縄でカザフスタンと戦う。W杯アジア予選は、今回の16人から12人が選出される。

 ▽男子代表メンバー

【PG】

岸本隆一(琉球)

富樫勇樹(千葉J)

寺嶋良(広島)

河村勇輝(横浜BC)

【SG】

比江島慎(宇都宮)

須田侑太郎(名古屋D)

馬場雄大

フィリッピン・コー(琉球)

西田優大(三河)

【SF】

チェンバース・アキ(群馬)

吉井裕鷹(A東京)

【PF】

永吉佑也(福岡)

シェーファーアヴィ幸樹(三河)

井上宗一郎(SR渋谷)

【C】

ウィリアムス・ニカ(島根)

川真田紘也(滋賀)