※掲載期限切れのため動画は削除しました

5月21日、ヴィクトリアシリーズ、兵庫ディオーネVS埼玉アストライアの第7戦が昨日に続き越谷市民球場で行われた。

アストライアは先発・エース磯崎で連勝を狙う。

初回、先制点を奪ったのはアストライア。
1番・佐藤がセンター前ヒットで出塁すると、デッドボールと送りバントで1アウト二
、三塁とチャンスを作る。ここで4番・楢岡がセンター前にタイムリーヒットを放ち、この回
2-0とする。

さらにアストライアは3回。2アウト二、三塁の場面で6番・岩谷がサードへ打ったゴロをディオーネがエラー。その間に2者生還し、4-0と追加点を挙げる。

アストライア・磯崎は味方守備に助けられながらもディオーネ打線を5回まで1失点に抑える好投を見せる。

しかし6回、ディオーネ打線に捕まり2失点で3-4と1点差まで追いつかれこの回でマウンドを降りる。

最終回、アストライアは2番手ピッチャー・山崎に交代するもディオーネに連打を浴び、7-4と逆転を許す。

その裏、アストライアは追加点を奪えず試合終了。

ヴィクトリアシリーズ、兵庫ディオーネVS埼玉アストライアの第7戦は7-4でディオーネが勝利。