「巨人-DeNA」(23日、東京ドーム)

 巨人のドラフト3位・赤星優志投手(日大)が4回を7安打5失点で降板した。

 立ち上がりから不安定で失点を重ねた。初回、佐野に中越えのソロを浴びて先制点を献上。二回には森に右前適時打、蝦名にも左前適時打を浴びて2失点。四回には蝦名に2点右前適時打を打たれた。首脳陣の我慢も限界に達し、原監督が右腕の早期降板を決断した。

 2番手で戸田が五回からマウンドに上がった。