「巨人-DeNA」(23日、東京ドーム)

 DeNA・佐野恵太外野手の中越えの打球を巡り、審判団が初回にリプレー検証を行った。

 初回2死。佐野が放った打球はセンター右のフェンス最上部付近に当たって、グラウンドに戻ってきた。二塁塁審が手を回したように見えたが、中堅・丸が跳ね返ってきた打球の処理に向かったため、佐野は二塁ベースを回ったあたりでスピードを上げて、三塁へ到達。審判団は協議の後、すぐさまリプレー検証に入った。

 検証の末、本塁打と判定され、DeNAが幸先良く1点を先制した。佐野は「打ったのはカットボールです。自分のスイングで捉えることができました。ギリギリでしたが本塁打になり良かったデスターシャ!」と広報を通じてコメントした。