名古屋は23日、FW酒井宣福が左膝内側側副じん帯損傷で、全治約6~8週間と診断されたと発表した。

 酒井は6月15日の練習中に負傷したという。今季、鳥栖から移籍加入し、ここまでリーグ戦に13(うち先発は9)試合出場で1得点を記録していた。チームは現在10位で、上位浮上を懸けて26日に2位・鹿島(豊田ス)と対戦する。