「オリックス 5-0 ソフトバンク」(6月22日、京セラD大阪)

オリックスは両軍無得点で迎えた6回裏、杉本の3ランが飛び出し、試合の均衡を破る。続く7回には、福田の適時三塁打などで2点を奪い、試合を決定づけた。投げては、先発・田嶋が9回無失点7奪三振の快投。今季初の完封で3勝目を飾った。敗れたソフトバンクは、打線が沈黙した。

勝|田嶋 大樹 (3勝3敗0S)
負|東浜 巨 (6勝2敗0S)
S|-

▽本塁打

ソ|-
オ|杉本 裕太郎 8号(6回裏3ラン)

▽バッテリー
ソ|東浜 巨、甲斐野 央、モイネロ - 甲斐 拓也
オ|田嶋 大樹 - 若月 健矢

試合詳細はこちら