<天皇杯:甲府2-1札幌>◇3回戦◇22日◇JITス

コンサドーレ札幌がJ2ヴァンフォーレ甲府に1-2で逆転負けを喫して3回戦敗退。4年ぶり16強を逃した。前半11分、FKのこぼれ球から放ったFW菅のシュートが相手に当たり、先制点点を奪った。だが同31、39分に連続失点。後半28分PKでMF金子が外すなど、追いつけなかった。18日リーグ川崎F戦(2●5)の先発4人を起用したが勝利を挙げられず、ペトロビッチ監督(64)は「甲府の選手の方がキレがあり、走れていた」と残念がった。

U-23アジア杯(ウズベキスタン)に出場し、3位となったU-21日本代表FW中島大嘉(20)がチーム再合流からの即出場を果たした。前日21日に帰国したばかり。先発のFWシャビエルが試合中に頭痛と吐き気を訴えたため、1-1の前半33分に急きょ投入された。「60分くらいピッチにいて1点も取れずFWとしてチームを救うゴールが取れなかった責任を感じている」。初の国際大会では1ゴールを決めるも、納得のいく結果は出せなかった。「アジア杯で悔しい思いをしてこんなに早く鬱憤(うっぷん)を晴らすチャンスがあったのに」と悔しがった。

敵地に足を運んだサポーターからはブーイングが起こった。その不満を「あれだけ多くの人が遠くまで応援に来てくれているので、本当に申し訳ない」と受け止めた中島。今季のカップ戦は終わり、現在3連敗中のリーグ戦に集中することになる。【保坂果那】