2日、キリンチャレンジカップが札幌で行われ、日本がパラグアイに4対1で圧勝。6月4連戦の初戦を白星で飾った。

およそ半年後にカタールワールドカップを控えた日本は、メンバー選考とチームとしての熟成の両方を見据え、キリンチャレンジカップに挑んだ。

スタメンはGKシュミット・ダニエル、最終ラインは右から山根視来、谷口彰悟、吉田麻也、伊藤洋輝。アンカーに遠藤航、インサイドハーフに原口元気と鎌田大地。右に堂安律、左に三笘薫、ワントップに浅野拓磨が入る、4-3-3でスタートした。

立ち上がりから攻勢に出たのはホームの日本。前半5分に三笘と伊藤の連携で左サイドを攻略すると、中央にマイナスのクロス。これを堂安が左足で合わせるが、GKのセーブに阻まれた。

前半11分には三笘が左サイドでドリブルを仕掛け、1人かわしてマイナスのクロスを入れる。これに鎌田が左足で合わせるが、クロスバー直撃。立て続けに、三笘の突破からチャンスを作り出した。

前半29分には自陣ゴール前でフリーキックを与えるが、シュミット・ダニエルが好セーブを見せ、ゴールを死守する。

そして前半36分、原口のスルーパスに抜け出した浅野が、GKと1対1の場面でループシュートを流し込み、日本が先制する。

前半42分には堂安のクロスに鎌田が頭で合わせて2点目。後半開始から浅野、遠藤、吉田に替えて、前田大然、板倉滉、中山雄太が入った。

後半14分には伊藤のパスミスから中央を破られると、デルリス・ゴンザレスにゴール左に強烈なシュートを決められてしまう。

しかし直後の後半15分、原口のスルーパスを受けた三笘が、GKと1対1の状況で技ありのループシュートを流し込み、すぐさま2点差をつける。

後半16分、殊勲の原口に替えて田中碧を投入。後半24分には堂安のスルーパスに抜け出した鎌田がGKに倒され、PKを獲得。堂安が蹴るが、GKに止められてしまった。

そして後半26分、堂安に替えて久保がピッチに入る。右サイドに入った久保は積極的に攻撃に絡み、チャンスを作る。後半37分には鎌田が鮮やかなドリブルからシュート。GKが弾いたボールを前田が詰めるが、わずかにゴールの枠を外れた。

後半37分には三笘に替えて、古橋亨梧を投入。すると後半40分には、鎌田の横パスを受けた田中が、フリーで右足を振り抜く。ゴール左にミドルシュートをねじ込み4点目。最後まで攻勢に出た日本がゲームをコントロールし、4対1でパラグアイに勝利した。

欧州組を中心に、個の強さを見せつけた日本。選手が変わってもクオリティを落とさず、総合力の高さを見せつけた試合だった。