「ソフトバンク 2-4 ロッテ」(5月21日、PayPayドーム)

ロッテは1-2で迎えた6回表、中村奨の適時打で同点とする。その後8回にはマーティンの2ランが飛び出し、勝ち越しに成功した。投げては、先発・美馬が6回2失点の粘投。2番手・東條が今季2勝目を挙げた。敗れたソフトバンクは、4番手・又吉が痛恨の一発を浴びた。

勝|東條 大樹 (2勝1敗0S)
負|又吉 克樹 (1勝1敗1S)
S |益田 直也 (0勝0敗8S)

▽本塁打
ロ|マーティン 4号(8回表2ラン)
ソ|-

▽バッテリー

ロ|美馬 学、東條 大樹、ゲレーロ、益田 直也 - 松川 虎生、柿沼 友哉
ソ|大関 友久、嘉弥真 新也、津森 宥紀、又吉 克樹、藤井 皓哉 - 甲斐 拓也

試合詳細はこちら