現地時間5月14日に開催されたブンデスリーガの最終節(第34節)で、遠藤航と伊藤洋輝が所属する16位のシュツットガルトはホームでケルンと対戦。終了間際の決勝弾で劇的な勝利を飾り、逆転で残留を決めた。

 引き分けなら、2部3位との昇降格プレーオフに回るという状況のなか、1-1で迎えた後半アディショナルタイム1分に文字通りの千金弾を叩き込んだのが遠藤だ。CKから伊藤がフリックしたボールを執念のヘッドでゴールにねじ込み、スタジアムを熱狂させた。

【動画】伊藤のフリック→遠藤航が執念のヘッド!日本人コンビで奪った残留を決める劇的弾
 このドラマティックな一撃にファンも大興奮。クラブの公式ツイッターには、次のような声が寄せられている。

「なんてゴールだ」
「最後にヒーローがやって来た!」
「俺はこの男のタトゥを入れるよ」
「信じられない、神が降臨した!」
「言葉が出ない」
「エンドウは素晴らしすぎる」
「これは現実か?」
「イトウのフリックからエンドウがゴールを奪った。日本人のコンビネーションが、これ以上ない最高の瞬間をもたらした」

最後の最後でチームを救ったのは、日本からやって来た頼れるキャプテンだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!