「西武5-4楽天」(14日、ベルーナドーム)

 まさかの逆転負けとなった。今季先制点を奪った試合では、16勝負けなし(引き分け1)だった楽天。この試合も先制点を奪い、一時リードは3点差まで広がったが、リリーフ陣が崩れ逆転負け。4連敗となった。

 試合後石井一久監督は「安楽が1点でいいと割り切って、しっかりと投球してくれたらよかったんですけど」と振り返った。

 事態が暗転したのは4-1で迎えた七回だ。1失点と好投だった先発の早川隆久投手に代え、アラン・ブセニッツ投手が登板したが、右足に打球を受けるアクシデントに見舞われ1死一、三塁のピンチを作ったところでマウンドを降りた。

 ここで登板となった安楽智大投手が、川越、滝沢に連続適時打を浴び同点とされると、なおも2死三塁から痛恨のワイルドピッチで決勝点を献上した。

 これで11連勝からの4連敗となったが「連勝連敗というのはある。15試合で区切ったら、選手が頑張って貯金7個作ってくれたところが大事なので」と指揮官。続けて「勝った負けたの中で、野球がどういう風にできていたのかが大事。ぼんやりとした感じでやっているわけではないので、良い意味で捉えて行くほうが大事」と前を向いた。

 楽天はこれで両リーグで最も遅い10敗目となった。