「巨人7-6中日」(14日、東京ドーム)

 巨人・中田翔内野手が、値千金の4号逆転満塁本塁打を放った。七回、2点差に迫り、なお1死満塁の好機で豪快な一発を運んだ。本拠地の観客は総立ち、中田はダイヤモンドを一周後、仲間とハイタッチを交わしながら「ウッシャー!」と吠えた。

 この日は中日の先発・高橋に苦しめられ、六回は無死満塁の絶好機で二飛。だが、その後の打席でリベンジした。前日も3号を放っており、2試合連発となった。「みんながつないでくれたので、なんとかしたい一心でした。最高の結果になって興奮しています」とコメントした。