「DeNA-阪神」(14日、横浜スタジアム)

 試合開始前まで、セリーグ防御率2・04でトップだった、先発のDeNA・上茶谷大河投手が、今季最短となる4回2/3で降板した。被安打8、7失点と阪神打線につかまった。

 初回、先頭の近本、中野に連続安打を浴び無死二、三塁。マルテに先制犠飛を許すと、続く佐藤輝には右翼線に適時二塁打を浴びた。初回から2点を失うも、二回は糸原、梅野、青柳を三者連続三振に仕留めた。

 しかし三回無死。近本に二塁打を浴びると、中野に2号2ランを浴びた。四回は無失点に抑えたが、五回1死から中野にこの日3本目のヒットで出塁を許すと、マルテに二塁打、佐藤輝を申告敬遠で1死満塁。

 そして5番の大山に中犠飛を浴びたところで、上茶谷は降板となった。なおも2死二、三塁のピンチで、三上がマウンドへ。糸井を2球で追い込んだが、3球目をあっさりと右前に運ばれ2点適時打を浴びた。