阪神矢野燿大監督(53)が意外な人物の仕事ぶりを明かした。

2試合連続中止となったこの日、横浜スタジアムでの練習を見守った指揮官は高山俊がベンチ内で声を張り上げてチームを鼓舞していると説明。「必死さというか、それはああいうふうに苦しい思いをしているからこそ、気付けた部分かもしれない。それが何かのキッカケをつかむチャンスにつながるんじゃないかなと思う」。昨季1軍出場がなかった高山は4月9日に1軍昇格し、18試合に出場して打率2割2分2厘。本来の力は発揮できていないが、今後の飛躍を願った。