5月1日、東京六大学春季リーグ第4週2日目が行われ、第1試合では点の取り合いの末、早大が9回に追いつき、6対6で連盟規定により東大に引き分けた。

9回2死からチームを救う同点打を放った早大・印出はガッツポーズ

 先制したのは早大。初回、1死一、二塁の場面で、今季6試合で3安打と苦しんでいる蛭間拓哉(4年・浦和学院)のタイムリー、さらに敵失で2点を先行する。

 対する東大は2回、2死球とヒットで2死満塁のチャンスを作ると、宮﨑湧(4年・開成)の2点タイムリーで同点とし、続く中井徹哉(4年・土浦一)のタイムリーで勝ち越しに成功。

 さらに3回には死球と二塁打で1死二、三塁とすると阿久津怜生(4年・宇都宮)にタイムリーが生まれ、林遼平(4年・甲陽学院)のスクイズで5点目を奪う。

一時勝ち越しとなるタイムリーを放つなど、2安打をマークした東大・中井

先発した小髙峯頌大(4年・筑波大附)が1回で降板するも2投手の継投で早大打線の反撃を最少失点でかわし、6回からは前日先発の井澤駿介(4年・札幌南)が4番手として登板。

 しかし早大はこの井澤の代わり端に敵失で1点を返し、8回には2四球からチャンスを広げると中村将希(3年・鳥栖)の犠飛で1点差と迫る。

連投となった東大・井澤。「粘られて打たれたのは自分の詰めの甘さが出たと思う」と悔いをにじませた

 投げては6回から救援した佐竹洋政(4年・早大学院)、中森光希(2年・明星)、原功征(4年・彦根東)が東大打線に追加点を許さず、流れを渡さない。

 そして9回、ヒットと犠打で2死二塁とすると、打席には印出太一(2年・中京大中京)。この印出が2球で追い込まれながらも粘り、6球目をセンターへ運び同点タイムリー。土壇場で追いついた早大が、2試合連続の引き分けに持ち込んだ。

 試合後、小宮山悟監督が「何とか引き分けに持ち込めたのは、チームにとってはプラスになるかなと思う」と、試合に負けなかったことを評価。

土壇場での同点劇に喜ぶ早大ベンチ

 一方、2010年秋季リーグ戦以来の早大戦勝利まであとアウト一つまで迫った東大だが、井手峻監督は「あと一人ね」と声を落とし、松岡泰希主将(4年・東京都市大付)も「しんどいですね。(あとアウト一つは)難しいです」と暗い表情。追いついて引き分けとした前日とは打って変わり、試合後の取材の雰囲気は重かった。

■東京大vs早稲田大2回戦
東大 032 100 000=6
早大 201 001 011=6
【東】小髙峯、松岡由、綱嶋、井澤-松岡泰
【早】齋藤正、ユエン、佐竹、中森、原-印出

◎東大・井澤駿介(4年・札幌南)
「元々、行くと言われていたので準備はできていました。今日は3点差で回ってきて自分が抑えられなかった。勝てた試合だと思います」

◎早大・印出太一(2年・中京大中京)
「1点差で2アウト二塁、一本出せば何とか同点までは持っていけるという風に自分の頭の中にはありました。引き分けに持ち込めばやり直しがきくので、今日負けなかったことはチームとしても大きかったと思います」