立教大戦2安打完封の小島和哉(早稲田大)=神宮球場

★「今日は小島に尽きる」
立教大vs早稲田大1回戦
立教大  000000000=0
早稲田大 00010000X=1
【立】●田中(誠)—藤野
【早】◯小島—岸本

この試合のハイライト動画はこちら!

 右足首のねん挫により一時離脱していた早大・小島和哉投手(3年・浦和学院)が復帰登板を完封で飾った。
 もともと痛めていた右足首を、4月22日の明大1回戦で悪化させてしまい、3回2失点で降板。その後チームは逆転負けを喫し「監督の期待を裏切ってしまいました」と振り返る。そこからはリハビリに努めて、この日復帰した。
 最速は130km/h台中盤だったものの、キレと伸びのあるストレートとスライダーやツーシームなどを織り交ぜた投球で、立大打線から凡打の山を築き、守備陣も度々好守で小島を盛り立てた。
 打線は、4回にスクイズ失敗で2死走者なしとなった場面から織原葵内野手(4年・早実)、檜村篤史内野手(2年・木更津総合)、佐藤晋甫内野手(4年・瀬戸内)の三連打で先制。
 援護はこの1点のみだったが、小島が内野安打1本を含む2安打のみで二塁すら踏ませない投球で投げ切り、早大が先勝した。

立大・田中誠也投手(2年・大阪桐蔭)は5安打1失点の好投も報われず=神宮球場

◎早稲田大・高橋広監督
「制球良くテンポも良いので、守備でも良いプレーが出ますよね。今日は小島に尽きます。打線もチャンスを潰してから、よく連打で点を取りました。優勝に向けトーナメントのつもりで戦っているので、この勝利は大きいです。1対0なので最高の試合です」

◎早稲田大・小島和哉投手
「1つ出してしまいましたが、四球を出さないことを課題に投げました。先頭打者を出さないことを意識し、あとは強気で投げました。テンポ良く投げられたので良かったです」

文・写真:高木遊