4月17日、東京六大学春季リーグ第2週2日目が行われ、立大が島田直哉(4年・龍谷大平安)の好救援により7対4で逃げ切り法大に連勝し、勝ち点を獲得。2017年春以来の優勝に向けて好スタートを切った。

島田は「変化球でカウントを取れるようになって、ストレートがダメな日でも修正できるようになりました」と成長に手応えを感じている

 島田がチームの危機を救う投球でリーグ戦9試合目の登板にして初勝利を掴んだ。前日、荘司康誠(4年・新潟明訓)がリーグ戦10試合目の登板で初勝利を掴んだことにも刺激を受けた島田は、3回裏の4点リードの状況からマウンドに上がった。
先発の池田陽祐(3年・智弁和歌山)が3回表の走塁中に腰の違和感を訴えて交代。「5回くらいから肩を作ろうと思っていました」という島田は急ピッチで調整を強いられた緊急登板だった。

 最初のイニングこそ2四球と味方の失策で1点を失うも「捕手の黒岩や併殺を取ってくれた野手に助けられました」と味方の力も借りながら冷静に抑えていき、4回から7回はホームを踏ませず。8回から登板した守護神・宮海土(4年・国学院栃木)も走者は出すものの後続を抑えて試合終了。
 島田の嬉しい初勝利とともに、立大が連勝を飾った。

 一方、法大は開幕週の早大戦で連勝したものの今週は連敗。初回に先発の扇谷莉(4年・東邦)は初回から制球に苦しんで1回持たず2アウトのみでノックアウトとなった。また2番手を任された尾﨑完太(3年・滋賀学園)も3回に二死を取ってから走者を出し、道原慧(4年・駒大苫小牧)にタイムリーを浴びるなど3失点。「前半の7失点が残念でした」と加藤重雄監督が振り返ったように、多くのチャンスを作って粘りは見せたものの立大の背中は最後まで遠かった。

◎立大・島田直哉(4年・龍谷大平安)
「法政の打ち気もすごかったので、狙ったゾーンに強い球を投げることを意識しました。後のことを考えず1イニングずつ、できることを全うしようと思って投げました。初勝利はびっくりですし、嬉しいです」

島田は試合が終わると笑顔が弾けた

■立教大vs法政大2回戦
立大 403 000 000=7
法大 211 000 000=4
【立】池田、◯島田、宮-黒岩
【法】●扇谷、尾﨑、塙、武冨、石田、篠木-村上

この日も宮が試合を締めてガッツポーズを見せた

◎立教大・溝口智成監督
「7点を取ってのゲーム展開ではなく苦しい試合でした。なんとか連勝できましたが、ディフェンス面で課題は多く残ります。島田はストライクゾーンに投げられるようになり、昨秋から考えると考えられない投球を、この2試合してくれました」

4試合目の最終打席でようやく今季初安打を放った法大の主将・斉藤大輝(4年・横浜)。「仲間が背中を押してくれました」と感謝し「残り試合6連勝できるよう自分が打ちます」と力強く語った

文・写真=高木遊